1. ホーム
  2. 美祢市特定不妊治療費助成事業

美祢市特定不妊治療費助成事業

美祢市特定不妊治療費助成を受けるには、「山口県特定不妊治療費助成」を申請し、承認決定されていることが必要です。

対象となる治療

医療保険適用外の特定不妊治療《指定医療機関による体外受精・顕微授精》
特定不妊の一環として行われる医療保険適用外の採精手術
 《特定不妊治療費助成制度の指定医療機関(特定医療機関の指示等により男性不妊治療を行う医療機関を含む)による治療に限る》

対象者

次のすべてに該当する方が対象です

・山口県特定不妊治療費助成事業の申請をして承認されている。
・夫婦のいずれか一方または両方が申請する日の1年以上前から引き続き市内に住所を有している。
・夫婦のいずれもが市民税、固定資産税、軽自動車税、都市計画税及び国民健康保険税を滞納していない。

助成内容

特定不妊に要する費用(入院室料・食事療養費等など治療に直接関係のない費用は除く)から山口県特定不妊治療費助成額を除いた額(1,000円未満は切り捨て)のうち、治療1回につき15万円以内。ただし県の助成金の上限が7万5000円である治療の場合は、7万5000円以内

申請方法

山口県特定不妊治療費助成が決定した日(通知書に記載されている日付)から1年以内に美祢市保健センター、美東総合支所総合窓口課、秋芳総合支所総合窓口課へ申請書を提出ください。

提出書類

(1)特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書
*必ず申請者氏名は夫と妻が直筆で記入し、申請者印は夫と妻が別々の印鑑で押印してください。
*日付・金額は、提出時申請内容確認後ご記入していただきますので、未記入で提出ください。
*誤記入の場合、訂正印を押してください。

(2)山口県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し

(3)山口県特定不妊治療費助成事業医療機関等証明書の写し
 *訂正箇所には、必ず訂正印を押してもらってください。

(4)医療機関発行の領収書の写し

(5)法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(1か月以内発行の個人番号の入っていない住民票等)の写し
 *住民票は、夫婦のみ、続柄が入ったもので、1か月以内に発行されたものを提出ください。夫と妻が世帯主以外の場合は、初回申請時のみ戸籍謄本もあわせて提出ください。

(6)夫及び妻の市税等完納証明書又は市税の滞納がない証明書(1か月以内発行)

申請提出先 申請書は、美祢市保健センター、美東総合支所総合窓口課、秋芳総合支所総合窓口課へ提出ください。
所得の計算は、次を参考にしてください
 所得の合計が730万円未満とは?
  市町村が発行する所得証明書(児童手当法施工令による控除が確認できるもの)により、
所得合計額を確認→A   控除額を確認→C~H
 
所得証明書の所得合計額    
児童手当法施工令第3条第1項の控除額 80,000円 80,000円
雑損控除額    
医療費控除額    
小規模企業共済等掛金控除額    
障碍者控除額(普通)
(該当者数×270,000円)
   
障碍者控除額(特別)
(該当者数×400,000円)
   
勤労学生控除額(該当すれば270,000円)    
B+C+D+E+F+G+H    
児童手当法施工令による所得額(A-I)    
Jの夫婦合計が730未満であれば助成対象

申請書 (下記様式をダウンロードしてご利用ください。)

特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書.pdf文書
特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書 記載例.pdf文書

このページのお問い合わせ先

市民福祉部 健康増進課
電話番号:0837-53-0304
メールアドレス:kenkou@city.mine.lg.jp

ページトップに戻る