1. ホーム
  2. 給付

障害児支援・発達支援

給付

補装具の給付・修理

身体に障害のある児童の障害を補い、日常生活を容易にするために、補装具の支給(給付)を行います。ただし、世帯の所得により一部負担があります。

対象となる児童

  • 身体障害者手帳の交付を受けている18歳未満の児童
  • 18歳未満の難病患者

対象補装具

義眼や眼鏡、補聴器、義肢、装具、座位保持装置、車椅子、座位保持いす・排便補助具、起立保持具、頭部保持具等その他必要な補装具。
*障害の種類や程度に応じて給付を受けることができる補装具は異なります。

申請に必要なもの

  1. ① 補装具支給申請書
  2. ② 補装具費支給意見書
  3. ③ 障害者手帳
  4. ④ 補装具の購入・修理にかかる見積書
  5. ⑤ 印鑑

*補装具支給申請書及び補装具費支給意見書については市役所及び各総合支所にあります。また、山口県(山口県身体障害者福祉センター)ホームページからダウンロードもできます。

利用者負担

世帯の所得により一部負担があります。詳しくは窓口までお問い合わせください。

難聴児に対する補聴器購入費等補助制度

言語発達等の遅れを防ぐため、身体障害者手帳の交付対象外となっている軽度・中度の難聴がある児童について、補聴器購入費用などの一部を助成します。

対象となる児童

身体障害者手帳の交付対象外となっている軽度・中度の難聴がある児童

助成経費

補聴器の購入費、修理費の一部

申請に必要なもの

  1. ① 申請書
  2. ② 指定医療機関の意見書
  3. ③ 印鑑
  4. ④ 補聴器の見積書

重度障害児等への日常生活用具の給付

心身に重度の障害のある児童等の日常生活を容易にするため、補装具以外のさまざまな生活用具を給付します。

対象となる児童

  • 身体障害者手帳、療育手帳(A判定)の交付を受けた児童 等
    *障害の種類・程度によって給付される日常生活用具は異なります。
    *手帳を持っていなくても給付の対象になる日常生活用具もありますので、詳しくはお問い合わせください。
  • 18歳未満の難病患者

対象となる日常生活用具

特殊寝台、特殊マット、入浴補助用具、頭部保護帽、ストーマ装具、紙おむつなどその他日常生活を容易にするための生活用具。

利用者負担

世帯の所得水準に応じて利用者負担があります。

申請に必要なもの

  1. ① 日常生活用具給付(貸与)申請書
  2. ② 印鑑
  3. ③ 日常生活用具の見積書

通所等のサービス

対象となる児童

  1. 障害者手帳の交付を受けている児童
  2. 特別児童扶養手当を受給している児童

*上記以外の場合であっても、対象となる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

申請に必要なもの

  1. ① 申請書
  2. ② 障害者手帳又は特別児童扶養手当を受けていることを証明するもの
  3. ③ 印鑑

利用者負担

定率負担として利用サービス費用の1割と食費等の実費負担があります。世帯の所得に応じて負担上限月額が設定されるため、サービスの利用量にかかわらずそれ以上に負担は生じません。

制度の概要

障害児通所支援事業

日常生活における基本的な動作を習得し、集団生活に適応できるよう、障害のある児童の身体及び精神の状況や環境に応じて適切な訓練を行います。

給付の種類
  • 児童発達支援
  • 医療型児童発達支援
  • 放課後等デイサービス
  • 保育所等訪問支援
短期入所(ショートステイ)

居宅で障害児の介護を行う者の疾病その他の理由により、障害者支援施設その他の施設へ短期間の入所を必要とする障害のある児童に対し、夜間も含め、施設で入浴、排泄、食事の介護等を行います。

日中一時支援事業

障害のある児童の日中における活動の場の確保や、障害のある児童の家族の就労支援及び日常的に介護している家族の一時的な休息を図る事業です。

その他

居宅介護、同行援護、行動援護等のサービスがあります。詳しくはお問い合わせください。

ページトップに戻る