1. ホーム
  2. 健康
  3. 未熟児養育医療

健康

 

 

未熟児養育医療

未熟児養育医療とは

身体の発育が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児に対して、指定養育医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に要する医療費を公費により負担する制度です。
ただし、保険診療外の費用(おむつ代等)は、医療機関への支払いが必要です。

給付の対象となる方

美祢市に居住する次のいずれかの症状に該当する未熟児で、入院して療育を受ける必要があると医師が認めた乳児(満1歳未満)が対象です。

  1. 出生時の体重が2000グラム以下のもの
  2. 生活力が特に薄弱で、次にあげるいずれかの症状を示すもの

一般状態

  • 運動不安、けいれんがあるもの
  • 運動が異常に少ないもの

体温

  • 体温が摂氏34度以下

呼吸器・循環器系

  • 強度のチアノーゼを維持するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの・呼吸回数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、また、毎分30以下のもの
  • 出血傾向が強いもの

消化器系

  • 生後24時間以上排便のないもの
  • 生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
  • 血性吐物、血性便のあるもの

黄疸

  • 生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

手続きに必要な書類等

  1. 養育医療給付申請書
  2. 養育医療意見書(指定養育医療機関の主治医が記入)
  3. 世帯調書
  4. 前年の所得税等を証明する書類…生計を同一にする世帯全員
    ただし、関係証明書には控除配偶者又被扶養者として記載されている人は不要

    給与所得のあった人(会社員、公務員等)

    • 源泉徴収票 ※1
      ただし、源泉徴収税額が0円の場合は、所得課税証明書も必要 ※2

    確定申告をした人

    • 納税証明書(その1納税額等用)
    • 納税証明書(その2所得金額用)
    • 確定申告書の控え
      ただし、源泉徴収税額が0円の場合は、所得課税証明書も必要 ※2

    生活保護を受けている人

    • 福祉事務所長発行の証明書

       

       ※1・・・前年中(診療開始月が1月~5月の場合は前々年中)に転職された人は、前職分も必要です。(源泉徴収票の摘要欄に前職の給与収入や徴収増額等記入されていれば前職分は不要)
      ※2・・・同意書により地方関係情報による確認ができる場合は省略できます。
       
      提出書類の年度等

      診療開始月 1月~5月 6月~12月
      源泉徴収票、納税証明書 前々年分 前年分
      所得・課税証明書 前年度分 当該年度分
  5. お子さんの健康保険証(手続き中の場合は、加入する予定の健康保険証)
  6. 世帯全員のマイナンバーが確認できるもの(個人番号カード、通知カード、個人番号の記載された住民票)
  7. 窓口に来られる人の本人確認書類
    〇顔写真付きのものであれば1点(個人番号カード、運転免許証、パスポート)
    〇顔写真付きでないものであれば2点(健康保険証、年金手帳など)
  8. 印鑑

提出書類の年度等

一部自己負担について

世帯の所得税額に応じて、一部自己負担金が必要となります。
ただし、美祢市の乳幼児医療費助成を利用する旨の書類(申請受付窓口にあります)を提出された場合は、直接納付する必要はありません。
(乳幼児医療費助成については、地域福祉課(TEL0837-52-5228)へお問い合せください。)

申請受付窓口

美祢市保健センター

申請内容に変更が生じた場合

申請後に氏名、住所、医療保険、世帯構成等の変更がありましたら、美祢市保健センターへ届出をしてください。

ダウンロード

養育医療給付申請書類(134KB)(PDF文書)
養育医療意見書[指定養育医療機関の主治医が記入](90KB)(PDF文書)
世帯調書(84KB)(PDF文書)
同意書[地方税関係情報についての取得](79KB)(PDF文書)
養育医療変更届(78kb)(PDF文書)

このページのお問い合わせ先

市民福祉部 健康増進課
電話番号:0837-53-0304
メールアドレス:kenkou@city.mine.lg.jp

ページトップに戻る