1. ホーム
  2. 妊娠・出産
  3. 母子健康手帳交付

妊娠・出産

母子健康手帳交付

妊娠おめでとうございます。
母子健康手帳は、お母さんとお子さんの健康の記録として、とても大切なものです。
妊娠が分かったら、できるだけ早めに妊娠届を提出して母子健康手帳の交付を受けましょう。

手続きの方法

次の交付窓口にて、産婦人科で記載してもらった妊娠届(母子健康手帳交付申請)を提出してください。
なお、窓口では母子健康手帳の使い方や諸制度についての説明、さまざまな母子保健サービスの紹介なども同時に行いますので、時間に余裕をもってお越しください。

交付担当窓口

  • 美祢市保健センター (0837)53-0304
  • 美東総合支所総合窓口班 (08396)2-5005
  • 秋芳総合支所総合窓口班 (0837)62-1909

受付時間

8:30~17:15(土日・祝日、年末年始を除きます)

提出物

妊娠届出書(母子健康手帳交付申請) 
【 妊婦本人が届ける場合】
①マイナンバーが確認できるもの(マイナンバーカード、マイナンバーの記載された住民票)
②本人の確認書類 写真付きであれば1点(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート)
         写真付きでないものであれば2点(健康保険証、年金手帳など)

【代理人が届ける場合】
①妊婦のマイナンバーが確認できるもの(マイナンバーカード、マイナンバーの記載された住民票)
②代理人の確認書類 写真付きであれば1点(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート)
          写真付きでないものであれば2点(健康保険証、年金手帳など)

[妊娠届出書] 申請書ダウンロード(405KB)(PDF文書)

マタニティマークをご存知ですか?

 妊娠中、特に初期は赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにとても大切な時期ですが、外見からは妊娠しているかどうか判断しにくかったり、つらい症状があったりする場合もあります。 そこで、平成18年3月、厚生労働省は妊産婦さんへの思いやりをマークにした「マタニティマーク」を発表しました。 美祢市では、母子健康手帳の交付時にのマタニティマークのバッグまたはストラップをお渡ししています。

マタニティマークとは?

 妊産婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくなるもの。  さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組みや呼びかけ文をポスターなどとして掲示し、妊産婦に優しい環境づくりを推進するもの。

参考:厚生労働省のページ 報道発表資料

このページのお問い合わせ先

市民福祉部 健康増進課
電話番号:0837-53-0304
メールアドレス:kenkou@city.mine.lg.jp

ページトップに戻る