1. ホーム
  2. ひとり親支援
  3. 心身障害者扶養共済制度

ひとり親支援

心身障害者扶養共済制度

障害のある方(児童)を扶養している保護者が、自らの生存中に毎月一定の掛金を納めることにより、保護者に万一(死亡・重度障害)のことがあったとき、障害のある方(児童)に終身一定額の年金を支給する制度です。

対象者

身体障害(身体障害者手帳1~3級)、知的障害、精神障害のある人の保護者(父母、配偶者、兄弟姉妹、祖父母、その他の親族等)で次の要件を満たしている人。

  1. 山口県内に在住していること。
  2. 年齢が65歳未満であること。
  3. 特別な病気がないこと。

*身体障害者手帳等のない人でも、上記と同程度の障害があると認められる場合、その保護者の方も対象となります。

支給額

1口につき毎月2万円(2口まで加入できます)
*加入者生存中に障害者が死亡した場合は、加入期間に応じ弔慰金(3万~25万円)が支給されます。

申請に必要なもの

  1. ① 加入等申込書
  2. ② 住民票の写し(申込者及び障害のある方(児童)それぞれに必要です)
  3. ③ 申込者(被保険者)告知書
  4. ④ 障害の有る方(児童)の障害の種類及び程度を確認する書類(障害者手帳など)
  5. ⑤ 印鑑

*加入等申込書については、市役所又は各総合支所にあります。また山口県のホームページからダウンロードもできます。

制度の問合わせ先

山口県障害者支援課(在宅福祉推進班 TEL083-933-2765)

ページトップに戻る